top_sspj

乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)とは?

みっくみえポスター最終SBSは、あかちゃんを縦抱きで前後に、激しく、揺さぶることによって

脳にダメージを引き起こすもので、時には命にかかわります。

SBSは子どもの虐待にあたり、虐待する意図がなくても、

イライラの結果乱暴な扱いで重篤な状況に陥るケースも報告されています。

 

本プロジェクト (ストップ・ザ・揺さぶられ症候群プロジェクト:SSPJ)は、
乳幼児揺さぶられ症候群の予防啓発の普及を目的として
活動しています。詳しくは下記ホームページをご覧ください。

 

ストップ・ザ・揺さぶられ症候群プロジェクト WEBサイトはこちら

 

※日本語版「ストップ・ザ・揺さぶられ症候群」がオーストラリアの作成者達のWebに掲載されました。

日本語版の他に次の言語に翻訳されています。
 英語・アラビア語・広東語・ダリ語・スペイン語・ベトナム語等々です。
 多言語版も是非ご覧ください!
URLはコチラです。

SBS予防教育ファシリテーター養成講座(半日コース)

SBSの予防教育を進めるファシリテーターを養成するための講座を行っています。

講座の定員 20〜30名程度
所要時間 約4時間
講座の内容 1.オリエンテーション
2.SBSの基礎的知識
3.SBS予防教育の意義と目的
4.SBSの予防教育の実践(カードアクティビィティー含む)
5.振り返り(全体)
6.修了証の授与

お問い合わせ

電話番号

0594-21-4935

相談受付時間
平日 9:00 〜 17:00 / 土日祝 9:00 〜 12:00