2019年9月1日

エピペンと児への救急対応 の職員向け勉強会が開催されました!


当センターでは桑名市消防本部消防救急課 救急救命士・伊藤誓敏氏を講師に迎え、エピペンの使用上の注意点やポイントを学び、職員一人ひとり練習用デモ器で実際に使用ました。(写真①②)

※エピペンとはアナフィラキシー(全身性のアレルギー反応)の進行を一時的に緩和し、ショック症状への進展を防ぎ、医師による治療を受けるまでの間に用いる補助治療薬です

さらに小児の人形を使って心臓マッサージの方法も学びました。(写真③④)体験してみると、意外に強く圧迫しなくてはいけないことに驚きました。

エピペンも心臓マッサージも話では聞いても実践する機会はなかなかないので、大変有意義な時間を過ごせました。緊急事態の対応は日ごろからの訓練が重要であると改めて感じました。今後も職員のスキルアップのための勉強会を開催し、利用者の安全管理に努めたいと思います。

写真①

写真①

写真②

写真②

写真③

写真③

 写真④

写真④

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>